三宅島旅行-憧れのドルフィンスイム

御蔵島のイルカファミリー

三宅島二日目。ついにやってきました!イルカさんと一緒に泳げる日(^O^)/
三宅島のお隣にある御蔵島周辺に住んでるイルカさんたちと戯れてきました。
行きと帰りの船の揺れに参加者ほとんどがグロッキー状態・・・。
でもそれ以上にイルカさんたちの癒し効果はバツグンでした♪

 

待ちに待ったドルフィンスイムです!!

イルカと一緒に泳ぐってけっこう憧れてました。イルカさんって観てるだけでとても癒されますからね(*^^)v

三宅島のすぐそばにある御蔵島周辺の海には野生のイルカが住み着いています。

種類はバンドウイルカです。

水族館でもよく見かけますが、微笑んでいるような表情がとっても可愛いですよね??

でもイルカは表情を作ることができないので、感情を表しているんじゃなくて、ただそういう顔ってだけなんですけどね^^;

三宅島のオシドリ号

三宅島から御蔵島までは船で約40分です。

今回乗らせてもらったのは「オシドリ号」です。

4~5人入れるドライルームあり、トイレありの船。たぶん10~15人くらいは乗船できます。

船の周りを見渡すと見知らぬ方がちらほら・・・。

どうやら三宅島にあるいくつかのダイビングショップからドルフィンスイムを希望した人が集まっているようですね。

皆さん同じ船に乗ります。

乗船後すぐに船長からイルカの説明。そして今日は波があるからけっこう揺れるよ~との忠告。特に帰りが危険だそうです。

でも大丈夫。前日に三宅島の薬局で買った酔い止めアネロン!ちゃんと飲んできてます。

船から眺める三宅島

船長からの説明の後、いよいよ就航です。だんだん三宅島が遠ざかっていきます。

・・・けっこう揺れてます。必死で遠くの景色を見てなんとか耐えてるという感じ。

御蔵島

40分ほどで御蔵島の近くに到着!!

御蔵島の側に行くと、島で風が遮られているせいか少し穏やかな波でした。

船長が船の上からイルカさんを探し始めます。

「キタキター!右ー!来たよー!」

という船長の大きな声にビクッとしながら船の右の方を見ると・・・

いました!イルカさん!

御蔵島には本当に野生のイルカがいましたよ~(^O^)/

船の上から見ただけでかなり癒されました。

急いでマスクとフィンをつけてシュノーケリングの準備!船長の合図で海の中に飛び込みます。

水中を覗いていると遠くの方からイルカさんたちが泳いできました~!

だんだん近づいてきます。

そして自分の真下を通過!

御蔵島のイルカファミリー

子連れのイルカファミリーです!!

両親と子供の3人家族♪

可愛いですね~( ´∀`)ノ

親の体長は2.5m、子供の体長は1.5m位でしょうか。綺麗な流線形の体ですね~。

子供が親の陰に隠れてちょこちょこ~って泳いでいる姿がたまらなく可愛かったです。

御蔵島のイルカファミリー

イルカの家族と出会えて幸運でした。

それにしてもドルフィンスイムで写真や動画を撮るのは難しい!!

スキンダイビングのスキルが無いのでなかなか水中に潜って撮影することができません。

なので水面付近から撮った写真ばかりになってしまいます。

水中でイルカさんを撮影してみたかった~(>_<) 水中に潜ってもイルカさんを追いかけるのは禁止なので待ち構えて撮るって言う感じですかね・・・?? 水中でイルカさんを撮った唯一の動画がこれです。

動きがけっこう素早かったので全然上手く撮れてませんが、一応イルカさんの姿はわかります・・・よね??

2匹が間近まで遊びに来てくれたので慌てて動画モードにして撮ったやつです。

もっと上手く撮りたかった~とちょっと後悔(;>_<;) 是非リベンジしたいと思います。

イルカさんと何度か戯れた後、名残惜しいですが三宅島へ帰ることに。

数分して気付きましたが船の揺れが来る時の倍ぐらいあります。

4~5mの波の中を進んでいるような感じ。

いえ、富士急ハイランドのジェットコースターにずっと乗っているような感じです。

酔い止めの薬とかもうそんなの関係ないくらいの揺れです。

体の中からもう出すものが無いのに吐き気に襲われるといった大変な状況でした。

私は海に吐いていましたが、トイレで吐く人もいるようで帰りはトイレは使えないくらい汚れていたようです・・・。

三宅島の港

かなりグロッキー状態になりましたが、50分くらいで無事三宅島に戻ることができました。

陸地サイコー(゚Д゚)

船酔いは大変でしたが、それに耐えてでもイルカさんに会いに行く価値はありました!

是非みなさんも御蔵島でイルカさんと戯れてみてください♪
彼らはなかなか人懐っこいですよ(^O^)/


Home

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です