ノバビーチと言えばイカダダイビング!早朝の静けさの中でまったりハウスリーフ

ボホールのハマクマノミ

ノバビーチ到着の翌日からさっそくダイビング!早朝ダイビングは、ノバビーチのハウスリーフでイカダダイビング。静寂に包まれる海にエントリーです。

ノバビーチに来たらこれがおすすめ!早朝のイカダダイビング

朝6時に起きて、早朝ダイビングです。

ノバビーチのハウスリーフはイカダに乗って沖の方へ出ます。

船と違ってエンジン音がないのでとっても静か。

午後からもイカダでハウスリーフに出れるみたいですが、やっぱり朝がおすすめ!

早朝の方が波もなく、より静寂に包まれた世界を感じることができます。

現地のスタッフさんがイカダを漕いでくれます。

ボホールのノバビーチでイカダダイビング

長い木の棒で水底を押して進みます。

イカダに乗る人数が多かったり、イカダが古かったりすると結構沈みます。

マスクやフィンが流されることもあるので要注意!

ちなみに重機材は事前にイカダに乗せといてくれます。軽機材とカメラのみ持ってイカダに乗ります。

メッシュバッグやドライバッグは不要です。

マスクの曇り止めを持っていくか悩みますが、私はいつもイカダに乗る前にマスクに着けて、曇り止めは置いていきます。

持っていく場合は、イカダに置いておくと波で流されるのでBCDのポケットに入れて潜ったほうが良いです。

ボホールのノバビーチで静かな早朝ダイビング

波がないときは、本当に静かです。あたりの景色を見てぼーっとしていると、いつのまにかエントリーポイントに着いてます。10分くらいかと。

エントリー時には、イカダの端から足を出して座っていると、スタッフさんが機材を背負わせてくれます。

残圧チェックをして、座ったまま前のめりにエントリーです。

早朝の静かなハウスリーフにエントリー

エントリーポイントは、海藻が多い感じです。水深は2、3メートルのかなり浅い場所。

全員がエントリーしたのを確認してから沖の方へ向かって泳ぎ始めます。

少し泳ぐと、一面ハードコーラル!

ボホールノバビーチのハウスリーフ

ノバビーチのハウスリーフは、なかなかサンゴが綺麗なのです。

モリモリの枝珊瑚。

ボホールノバビーチのハウスリーフで熱帯魚鑑賞

珊瑚の周りでは、可愛いお魚がウロウロしてます。

ボホールで出会ったチョウチョウコショウダイの幼魚

水深15mくらいのところで、ちょろちょろ泳ぐ小さな魚が。

チョウチョウコショウダイの幼魚です。

近づくとチョロチョロな動きが激しくなります。

必死なんでしょうけど、可愛い動きです。

ボホールのハマクマノミ

イソギンチャクのまわりにはハマクマノミ

大き目ですし、顔もちょっといかついですね。

ノバビーチのハウスリーフでモリモリのサンゴ

この日はジョーフィッシュやハゼは見つけられず、あたりをウロウロ泳いで終了です。

最後にモリモリのサンゴの上をウロウロ。

この後、朝ご飯を食べたら、いよいよバリカサグ!


Home

コメントを残す